求人案内--社員インタビュー

本村 一貴

管理グループ副グループ長 2000年入社

■今のお仕事の内容を教えてください。
現在は主に次の業務を行っています。
・NC加工業務(NC旋盤、オペレーター)
・職場改善業務(鍛造グループ社員教育、QCサークル推進員)
・生産設備のメンテナンス(機械の日常点検、トラブル時の復帰作業)
過去にはマシニングセンター、溶断加工、ワイヤーカットによる加工業務を行っていました。

■顧客から求められる製品品質を確保するためにどのようなことを注意されていますか?
オペレーター一人ひとりの技能向上のためにコーチングを行うことはもちろんなのですが、注文の少量多品種化が進み、納期・品質ともに顧客の要求水準が高い現在では、個々の力で対応するだけでは限界があります。このため目的意識もって問題を探し出し解決する力があるチームを作って常に品質を追求していかなくてはいけません。QCサークル活動などを通じて個々の力をチームの力に発展させることを心がけています。

■鍛造チームを率いる上で大切にしていることはなんですか?
チームは勤続年数、経験、年齢が様々なメンバーによって構成されています。しかし、それらにかかわらずメンバーの話に耳を傾けて円滑なコミュニケーションができる環境つくりを大切にしています。

■仕事をされる上でやりがいを感じるのはどんなときですか?
チーム・仕事を通じて何かの役に立っていることを実感したときにやりがいを感じます。以前担当していたマシニングセンター、溶断加工等の作業は自分ひとりでの作業で、自分の技能をあげることが重要でした。鍛造チームリーダーとなってからは、チームを成長させていくことが自分の役割になりました。メンバーが前にはできなかったことができるようになったり、チームとして課題を解決できたときには非常にやりがいを感じます。

■就職活動中の方へのメッセージをお願いします。
旭東機械製作所は大きな会社ではない分、社員同士の顔がいつも見られる会社です。そしてみなさんが成長していくことは会社の成長につながります。コミュニケーションを大切にして高岡のものづくりを成長させましょう!

■求人募集要項はこちら

 

Copyright(c) 2007 KYOKUTO MACHINERY CO.,LTD All Rights Reserved.